nendoのまるで木のような樹脂の天板

昨年同様Galleria Antonia Jannoneでは「textured transparencies」と題してnendoの巡回展が開催されていた。材料に半透明の樹脂を使ったテーブル。弾力性のある樹脂の表面には柾目の木の模様が彫り込まれ幅10cmほどの板を寄せて作られた集成材の天板ではあるが、なぜか樹脂で半透明な不思議なテーブル。まさしくnendoマジックである。

Photo by 藤谷鉄也

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください