MOROSO穏やかな淡いPatricia Urquiolaの色

今年もPatricia Urquiolaがブースデザインを担当。Ingo Maurerの照明やKvadrat のカーペットなどコラボして展開。穏やかな淡い色を基調としたコーディネート。ショールームでは「M’Afrique Detached – 10 Years After」と題してM’Afriqueの感動的なアフリカで、Tord Boontjeをはじめカラフルな家具達で埋め尽くされていました。今年はRon Aradも参加。


MOROSO booth design by Patricia Urquiola