本物を作り出した宮崎椅子製作所

今年サローネに初出展した宮崎椅子製作所。小泉誠、村沢一晃などのデザイナーでブランドのイメージがアップ。5年ほど前からはイタリア在住日本人の猪田恭子とニルス・スバイエによるチェアDC09を手掛け、そして昨年DC10を発表。次のステージに登りつめた。サローネでは市内のギャラリーで白い段ボールを使って間仕切りと解説をしていた。

miyazaki01

DC10 by Inoda+Sveje  Design Studio

続きを読む

Luca NichettoのLa Miseは新Cassina

今年のサローネを賑わしたスターはルカ・ニケッド。Cassinaからはソファをデザイン。Tortonaの彫刻家Amaldo Pomodoro美術館を会場にPoltrona Frau、cappelliniなどのグループと共に展示。CassinaのショールームではAuthentic iconsと題してLCシリーズの原型となったVilla ChurchやCharlotte Perriandが1950年代にデザインしたNuageが復刻。

cassina

La Mise by Luca Nichetto

B&B屋外の家具はPatricia Urquiola

久しぶりにFiera会場に返り咲いたB&B Italia。屋外用の家具を中心に展示。Patricia Urquiolaの新作HUSKの屋外バージョンをはじめUrquiolaとAntonio Citterioの作品で埋め尽くされました。ショールームでは深澤直人の小型のチェアMini PapilioやラブソファのLove PapilioをはじめVincent Van DuysenのチェアTheo、Antonio CitterioのIutaなどを発表。

B&B

Husk Outdoor by Patricia Urquiola

続きを読む

Molteni&Cの新旧 Ron GiladとGio Ponti

Brera地区に新しいショールームを構えたMolteni&C。今年の注目はRon Giladのフレームとガラスで構成するGrado°と巨匠Gio Pontiが手がけた1935年から50年代の作品を復刻した。またFieraの会場ではConstance GuissetのロッキングチェアSOLやArik LevyのチェアOUTLINE、Jean NouvelのテーブルLESS,LESSなど新製品も豊富でした。

mol-1

Grado° by Ron Gilad
mol-2

SOL by Constance Guisset
mol-3

OUTLINE by Arik Levy

Ingo Maurerの炎 なぜ燃えているの?

Ingo MaurerはMoritz Waldemeyerとの共作でまるでろうそくの炎のように見えるのは薄いLED液晶パネルに映し出されている炎の映像。複数に用いたシャンデリアタイプと一本のデスクタイプ。細いヒモ状に見える部分はLEDの基盤そのものでCandle in the Wind名前の通り風が吹いて炎がそよいでいます。他にLEDの壁紙や最先端の技術の集合です。ぜひ下の写真をクリックして大きな写真でたしかめてください。

ingo

Candle in the Wind

Tom Dixonの会場は国立科学技術博物館

Tom Dixonはレオナルド・ダ・ヴィンチ国立科学技術博物館を会場に回廊部分やアトリウム、レクチャーホールを使ってデザインの展示が行われました。LUMINOCITYと題して照明の新作を展示。Tom Dixonのロゴマーク入りの照明が印象的でした。会場が科学技術博物館なので飛行機や船など観ることができ、同会場のSodaStream SourceはYves Beharがデザインを担当。

tomdixson

Fin Light by Tom Dixon

フランスのligne roset Pierre Paulinの復刻

ligne rosetではPierre PaulinがPompidou大統領のために1971年デザインしたeliseを復刻製品化した。薄いブルーをはじめフランスを感じさせる色調。エントランスにはキルティングのチェアÉléonore NaletのSerpentineは耐水性の素材で屋外での使用もできます。日本人も起用、昨年から大城健作をはじめ、今年は角田陽太のTenonなど、新人を積極的に起用している。

roset

elise by Pierre Paulin

roset-3

Tenon by 角田陽太
roset-2

Serpentine by Éléonore Nalet

喜多俊之の新作 超!軽量スツール

Superstudio Più会場2FでCarbon fiber ICHIMURAと題して非常に軽量で強いカーボンファイバーとAlcantara®(合成皮革)と組み合わせた喜多俊之デザインのスツールを発表した。800g程の軽量化に成功し、強度や軽さなど、家具の新素材として実用的なデザイン。スタッキングも可能でカラーも豊富です。

salone-kita2