Carl Hansen & SønからMini Bear Chair復刻

1954年にデザインされミニベアの愛称で親しまれている椅子。当時はAP stolen社、その後PP MØBLER社が発売して永らく廃盤になっていたが、なんとリーズナブルな価格でCarl Hansen & Søn社から復刻。手が触れるアーム前方には汚れ防止の為に木製の握りがあり、外側には持ち運びがしやすいよう窪みがあるなど細部にまでデザイン性と機能性を兼ね備えた椅子です。

minibear
Mini Bear Chair by Hans J Wegner

MiniBear02

MiniBear04

日本のこだわりマットレス 日本ベッド ロゴマーク一新

アメリカーナビルで開催されました COLLABORATION MEESE 2018 を紹介!
日本ベッドの新作は優雅なラインに漂う気品と、穏やかな心地よさのDELPHOS。気品のあるクラシカルなフォルム。現代の生活空間になじむ、モダンな表現。穏やかにカーブを描き、適度に傾斜したヘッドボードにはクラシックモダンの優雅さが漂います。心も体もやさしくつつみ込む、気品のあるベッドフレーム。創業90年を記念してロゴマークも一新されました。

nihonbed
DELPHOS by Tomoyuki Matsuoka

nihonbed02

nihonbed03

MORISHIGE NEW PRODUCTS 2018

モリシゲの新作、最上級の座り心地を生む弧を描いたシートバックが魅力的なソファーBROOK。分子皮膜で保護する汚れの浸透を防ぐ革新的な布地加工技術、アクアクリーン加工が施された張地を採用しているので日常的な汚れを水で簡単に落とすことができます。ペットの毛も付きにくく、爪が繊維に入り込むのを防ぎ引っ張られて裂けることもありません。

morishige
BROOK by MORISHIGE

高さオーダー対応のシンプルベンチ登場

ナガノインテリアの新作は高さオーダー対応ベンチ背板タイプと背張りタイプ。座高が37cm〜47cmまで1cmで対応が可能です。木の材質も6種類から選べるので、お気に入りのLDチェアと合わせたり、ダイニングチェアとのセットも可能。背板タイプの背の面形状は「角面」と「丸面」お好みに合わせて選べる。シンプルなデザインはどんなシーンにも馴染みます。

naganointerior
REAL by NAGANO INTERIOR

nagano

 

ゆったりとした暮らし 2人でテレビを観て食事

イバタインテアの新作はFlavor LDの4点セット。背の高さが低い特徴のベンチとゆったりと座れるLDチェアおよびアームチェア。主材はレッドオークで木部はブラウンとオフホワイトの2色から選べる。クッション部はカバーリング仕様でドライクリーニング可能な張地も選べます。ベンチは背が低いので後ろにテレビを置いても観るのに邪魔になりません。

ibata01

ibata02
Flavor by ibata interior

続きを読む

ペット暮らし愛好家族へ MARUICHIのソファ

マルイチセーリングではペットの登り降りや圧迫感のない空間を考慮し、シートを低めに設計されたソファ。背もたれは、ローバックとセミハイバックの2通りで使うことができ、ファンクション機能が付いています。肘を木脚で連結することにより、左右の組替えや肘の有り無しを選ぶことができます。フルカバーリング仕様でシートが汚れた場合座面部分のみ洗うことができます。

maruichi
Branca by MARICHI

座る人に合わせて長さをベストな位置に電動移動

ストレスレスから一体型電動フットレスト付きリクライニングチェアが発売。座面下に収納式のフットレストはシート側面のボタンに軽く触れると持ち上がりで快適で最適な位置まで伸ばせて足をしっかりサポートします。最長約60cmで足の長い人にもフィット。フットレスト先端が下に傾いているので足首もラク。フットレスはシート下にスッキリ収納でき、省エネスペース&スッキリしたデザイン。チェアから立ち上がる動作もスムーズ。

stressless
Aura LefComfort by Stressless

冨士ファニチアの新作 小林幹也デザインのnagi

冨士ファニチアの新作、nagiはスレンダーな脚と座面は 熱と圧力で様々な形を作り出す成形合板で美しい曲線を描くデザイン。重量感のある背もたれは、最新機械加工と熟練された職人の手仕事によるもの。大きな無垢材に様々な曲面をつけて有機的に削り上げ、思わず撫でてしまいたくなる滑らかなタッチ感を実現、背中にもそっと寄り添う形状です。肘部分は柔らかく飛び出していて、手に馴染むデザインに。立ち上がるときにしっかりと握ることができます。

fuji01
nagi by Mikiya Kobayashi

続きを読む