MARUICHのスローガン「生活製作所」

日本人の生活様式「床に暮らす。」から生まれたフロアスタイルのソファで一世風靡したマルイチセーリングがアメリカーナビルに展示会の日に併せてショールームをオープンさせました。得意なフロアライフのソファからイギリスのデザインギルドの生地を張ったソファ。よいものを永く愛し続けるこころをかたちにしたソファシリーズPatinaなど展示。
MARUICHI Osaka Showroom
大阪市中央区農人橋1-4-33アメリカーナビル2F
TEL 06-6966-1365 / FAX 06-6966-1366

maruichi001

 

maruichi0002

続きを読む

emecoシルエットが美しい小椅子達

今月はミラノで開催されましたサローネ2015の特集です。
今年のemecoはJasper Morrisonデザインの「Alfi」。パリ風の歩道でどこにでも見かけるビアーガーデンの椅子から発想した椅子。材質はポリプロピレンに廃棄された木材を混合して再利用したものでサンドカラーのシンプルなフォルム。座り心地も良く座の裏には木製の枠組みでしっかり脚を支えている。Jasperにとっても最も快適な1脚。

emeco

Alfi by Jasper Morrison 続きを読む

mattatiのラウンジチェアはKonstantin Grcic

mattiazziは大手のメーカーの木製家具を下請けしていた会社であったが数年前、Bouroullec兄弟などのデザイナーを起用して、今では木製家具メーカーとして一流の仲間入り。今年はKonstantin Grcicによるラウンジチェア「CLERICI」「MEDICI」が注目。シンプルに見えて肘と背の結合部分などは美しく、木工技術の技が伺える。2人掛、3人掛と種類も展開。

matt01

CLERIC by Konstantin Grcic

matti02

MEDICI by Konstantin Grcic 続きを読む

moooiはオランダ 語(mooi=美しいに+oでより美しい)の俗語

トルトーナ地区のサボア邸で開催されたMarcel Wandersのデザインブランドmoooi。今年はカーペットが発表された。オランダの写真家Erwin Olafの作品をバックに家具やカーペットを天井の高い広い空間に展示。写真をリアルにカーペットやラグにプリントする最新の技術で作られている。HPでは360°展開するパノラマ写真が見られます。

moooi02h

moooi by Marcel Wanders 続きを読む

sawaya & moroni 可愛いチェアが登場

今年のsawaya & moroniの新作は成形合板で座る人を包み込むような木のフレームに座り心地の良いクッションを結合させたラウンジチェアのシリーズ「Cartoon」。特に肘の形はユニークで美しいカーブを描き中側はクッションで人の触れる所を優しくフィットする。ダイニングチェアの「Ulla」も背と肘のパーツがRでクッション性があり、脚は木製。

CARTOON

Cartoon by William Sawaya

Ulla

Ulla by William Sawaya

英国ブランドから安積伸の新作椅子

ミラノ市内の「Casa dell’Opera」の元校舎を会場に英国のメーカーが集まったdesignjunctionTom Dixsonをはじめ、Designers Guildや車のJaguarや時計のVOID Watchesなど、Case Furnitureからは安積伸がデザインした成形合板を用いた3Dプライウッドチェア、バースツール、テーブルを発表。ロンドンのデザインがミラノのSan Babilaに結集。

CroppedFocusedImage70065050-50-Loku-chair-stool-table-Shin-Azumi-oak

LOKU by Shin Azumi

nendoの個展が毎年 話題に、人気の秘密はnendoマジック

佐藤オオキ率いる今年のnendoはペルマネンテ美術館全館で100点以上の新作をお披露目する大規模な個展 「nendo works 2014-2015」を開催。鏡やガラスの不思議をうまく取り入れたGlas Italia の家具や新たな可能性を文字通り「開く」阿部興業のseven doorsやシンガポールのメーカー「industry+」のためにデザインしたtokyo tribal collectionなど。

pair02_kenichi_sonehara

pair by nendo 続きを読む

FLOS + Philippe Starck 会場のビデオに男性客が釘付け状態!

FLOSではPhilippe Starckがまたまた注目のビデオと共に新しい照明を披露。真っ裸の女性に服を着せて次に帽子を被せるという行為と透明の照明本体にシェードを着せて次に上の金属部分を被せるという映像を左と右で同時に映し出すという、男性客は目が釘付けされるプレゼンテーション。照明の名前はETHERとは有機化合物の意味。女性を観るか?照明を観るか?

flis01

ETHER by Philippe Starck 続きを読む