家具」カテゴリーアーカイブ

Kartell

今月は4月15日〜21日に開催されたMilano Salone 2024とMilano Design Week 2024の特集。

KartellはサローネのオープニングはPhilippe StarckをはじめCEOのClaudio Luti、Ferruccio Laviani、Ludovica+Roberto Palombaなどデザイナーが一堂に集まりオープニングでのテープカット。コンピューターがPhilippe Starckのデザインを解析してデザインしたチェア「AI」の折りたたみができるアームチェアーを新たに発表した。

Cassina


Cassinaの新作はCarlo Scarpaが1973年にデザインしたCORNARO(コルナロ)を復刻。木製構造と、背もたれ、座面、肘掛けを形成する柔らかいクッションとのコントラストに基づいて、CORNAROのあらゆる細部が細心の注意を払って精選され、モデル本来の美しさを強調し、高さと奥行きが更新されています。去年予告されていたCharles & Ray Eamesの照明も発表。好評だったPatricia UrquiolaデザインのDUDETにアームチェアーや2人掛けのソファを追加しました。
広告

FLOS

FLOSはPalazzo Visconti にてMichael Anastassiades, Barber Osgerby, Formafantasmaの新作のお披露目、FLOS Professional Space (ショールーム)ではFlos Architecturalデザインによる‘Workmates’のインスタレーション、さらにFLOS Flagship Store(FLOS直営店)にてFLOS春の新作プロダクトの発表しました。
広告

DePadoba


DePadobaの2024年の新製品は、ミラノを拠点に活躍する独学系デザイナーOmi Taharaのラタンのソファ。進化する好みやトレンドに対応して素材と組み合わせを見直し、一流のコラボレーション、品揃えの拡充、歴史的アイコンの再考を特徴としています。新しい屋内および屋外製品を発見してください。

ALESSI


ALESSIは市内のPalazzo Borromeo d’Adda宮殿の中庭にて「Myth MakesBelieh」と題したインスタレーションを展開。巨大なドラゴンの卵、亀裂から飛び出す足と尻尾、そして大きな鏡の噴水から湧き出る水。来場者にはALESSIの製品を象ったお面が配られ、お面をかぶり巨大な卵をバックに記念撮影していました。
広告

nendo


pond dipping by Nendo
イタリアのアウトドア家具ブランドPaola Lentiがミラノ市内で開発している複合施設の敷地内にてnendoの個展を開催。池や沼などに生息する植物が、水や泥を吸い上げ、その浸かった箇所だけが変色している様子は、さながら「自然界における染物」のよう。均質に染め上げられた複数の色の糸を組み合わせ、織り方によって様々なパターンを生み出したり、プリント加工によって柄を表現したりする現代のテキスタイルではなく、「浸かる」だけでパターンを生み出すことを考えたテキスタイルデザイン。

moooi


Moooi は昨年と同じ会場にて没入型の「リビング ルーム」コンセプトで五感を魅了します。「A Life Extraordinary」では、訪問者は、照明、香り、表面が私たちの想像力と感覚を刺激し、目覚めさせる世界を体験できます。 ミラノ デザイン ウィーク中、Moooi は没入型で感動的なディスプレイを展示します。 ライフスタイル ブランドはデザインに命を吹き込み、予期せぬものをもたらし続けます。今年の展示会では、触覚が中心的な舞台となります。 Moooi の「素晴らしい人生」という約束はあらゆるタッチで感じられ、私たちの生活に詩を織り込んでいます。
広告

ALCOVA


Alcova(アルコバ)は、暮らしとものづくりの未来を探求するデザイナー、企業、機関、研究者のためのプラットフォームです。 毎年、世界最大のデザイン イベントであるミラノ デザイン ウィーク中に、Alcovaは生活環境、製品、システム、材料、技術革新に関する画期的な取り組みを通じて、今日のデザイン文化を定義する人々を集めます。 2018 年に Valentina Ciuffi (Studio Vedèt) と Joseph Grima (Space Caviar) によって設立された Alcovaはフオリサローネで最も広く支持されているプロジェクトの1つとなり、定期的に 90,000人以上の訪問者を集めています。第7回目となる Alcovaはミラノ都市圏で最も素晴らしい2つの別荘、ボルサーニ邸とバガッティ ヴァルセッキ邸を舞台とします。 1945 年に完成したボルサーニ邸は、オスバルド ボルサーニによるモダニズム建築の傑作で、緑豊かな庭園とルチョ フォンターナの暖炉などの独特の要素で知られ、オスバルド ボルサーニ公文書館の中心地として機能しています。 ミラノの貴族が都市の暑さを逃れ、来客や友人をもてなす避暑地として使用していたために建てられたヴィラ バガッティ ヴァルセッキは、ロンバルディア州における19世紀の別荘建築の最も重要な例の1つです。写真は小関隆一氏デザインの照明。
広告