Louis Vuitton Debuts Les Petits Nomades

LOUIS VUITTONは昨年に引続き18世紀後半に建てられた歴史的建造物Palazzo Bocconiで開催。新しくLes Petits Nomadesも発表。天井には1万個の「Origami Flower」が出迎え、そして「Leather Rosace Vase and Tray」、「Diamond Mirror」、「Overlay Bowl」、「Tropicalist Vase」などの小物が展示。家具では今年初参加のAndre・Fuのソファ「Ribon Dance」が印象的だった。

LV01
Origami Flower by Atelier Oi

LV03
Tropicalist Vase by Humberto & Fernando Capana

LV07
Diamond Mirror by Marcel Wanders

LV06
Overlay Bowl by Patricia Urquiola

LV05
Ribon Dance by Andre・Fu

Casiglioni生誕100周年モデル zanotta

zanotta社は1954年の設立以来、卓越した発想力、開発力、技術力によってイタリアモダンの革新的な製品を次々と発表。元祖ビーンソファSaccoを最初に世に出したのでも有名。今年は1959年のCarlo Mollinoの「Fenis」を複刻。Achille Casiglioni100周年の「Albero」「Servomuto」など。新作は四角いチューブ状のアルミニウム合金で作られた楕円の背が特徴の椅子。

Fenis
Fenis by Carlo Mollino

Albero
Albero by Achille Casiglioni

Servomuto
Servomuto by Achille Casiglioni

Elipse
Elipse by Patrick Jouin

木製のKartellが登場! 屋外のKartellも登場!

今月はミラノで開催されましたサローネ2018の特集です。
smart design for smart peopleと題してプラスティックの家具で有名なKartellがなんと木製の成形合板の新作を発表。Philippe Starckデザインの「Queen wood」「Kingwood」「Princess wood」。Piero Lissoniデザインの「smart table」は天板にIHを備えた「i table」と食卓に新しいスタイルの提案をしている。また生分解性樹脂の取組みでアウトドア仕様の家具も披露。

Woody_gruppo
Queen wood/Kingwood/Princess wood by Philippe Starck

座面がふわりと浮遊しているような佇まい

Fritz Hansenから佐藤オオキnendoデザインのアームチェアが登場。座はFritz Hansenが得意とする3Dの9層の成形合板を用い、背と後脚と肘の接合は溝を掘り挟んで固定している。洗濯バサミで留めた一枚の布が風をはらんでいるかのような表情。23の木製パーツが職人の手によって組み上げられた継ぎ目にネジなどが露出しないシンプルな木製椅子。

N01_01

N01_02
NO1 by nendo

De Padova今年も活躍! 日本人デザイナー

De Padovaでは2年前に発表したミラノ在住日本人デザイナー大城健作のテーブル「Sen」に四角バージョンが誕生。続いてヤマカワラタンなどのデザインを手掛ける田原臣のソファ「Belndy」など日本人デザイナーの活躍が注目される。幾何学的な抽象が特徴の建築家Elisa Ossinoのソファ「Erei」。大御所Piero Lissoni組合せ自由なコンポーネントソファ「Mosaïque」など話題満載。

tahara1
Belndy by Omi Tahara

sen
Sen by Kensaku Ohshiro

Erei
Erei by Elisa Ossino


Mosaïque by Piero Lissoni

Konstantin Grcicと深澤直人の新作で勝負

1893年創業のPLANK。コンセプトは「テクノロジカル+デザインの可能性の追求」です。Konstantin Grcicと深澤直人の2人のデザイナーをメインに展開する。まずは深澤直人の新作は脚や背が折り曲げてできたようなデザインのラウンジチェア「LAND」。Konstantin Grcicはシェル型の成型プラスチックにパイペン加工のパイプ脚のチェア「CUP」背中の円が印象的。

land
LAND by Naoto Fukasawa

cup
CUP by Konstantin Grcic

diabla水着女性のポップが印象的な展示

スペインの屋外家具GANDIA BLASCOが始めたブランドdiabla。新しいアイデアを探究し、ライフスタイルを再構築する目的の新しいベンチャービジネスです。アウトドア仕様で一年中外気を満喫するためにデザインされカラフルでオリジナリティに富んだ大胆な家具です。小林幹也のデザインしたスツール「DONUT」、犬小屋「TOUFFU」や携帯できる照明「PLISY」などユニークなアイテム。

diabla
TOUFFU (Doghouse) by Violeta Arcade Weishaupt / Manen Jiménez Ibáñez
Tumbona 356 (Sofa of bed) by Pablo Gironés / José A. Gandía-Blasco Canales
PLISY (Lighting) by Alejandra Gandía-Blasco Lloret
DONUT (Stool) by Mikiya Kobayashi
VALENTINA (Lounge Chair) by Alejandra Gandía-Blasco Lloret

arper新作は日本人デザイナー 岩崎一郎起用

arperの新作「Kiik」は待合室、大学のラウンジ、作業空間、会議スペース、混合用途の空間のニーズに対応するために生まれたコレクションです。モジュラー式で、さまざまな仕上げのオプションが用意されている。Kiik の基本形はバックレスト付き/バックレストなしの座面、三角形/円形/正方形/長方形のテーブル、そしてオットマンとロー/ハイカウンターテーブルの組み合わせで、空間を演出します。

arper1

arper2
KIIK by Ichiro Iwasaki