HERMÈS創業から伝わる馬具工房技術

今年一番の話題はHERMÈSの展示。古い宮殿Serbelloniを会場にHERMÈS EN LUMIÈREと題してミケーレ・デルッキデザインのLED照明を発表。HERMÈSは馬具工房として創業しただけに革加工技術に歴史的なものがあり、今回の展示会でも革の技術を強調してランプの金属部品を革で巻いたり、家具の革張りも美しい。

HERMES

18世紀宮殿 Serbelloni

続きを読む

サローネ2014速報! Kartellはゴージャスなゴールドワールド一色

今年のカルテルの会場はゴールド 一色。フィリップ・スタルクのチェア「マスターズ」などゴールド色のモデルが登場。プレスに配られるUSBメモリーまでもゴールド。新作はスタルクのUnceleシリーズやニューヨークの摩天楼の図柄をファブリックにしたMADAME、壁掛け時計やテーブル。リッソーニのチェアPiumaなど。また小物も充実。

kartell2014-1

続きを読む

雫のチェア復刻はアルネ・ヤコブセン

ブレラのフリッツハンセンのショールームの前から雫のアイコンが2階の窓まで続いていると思えば、新作はアルネ・ヤコブソンがラディソン・ブル・ロイヤルホテルのために1958年にデザインされたチェアの復刻版です。オリジナルに忠実なデザインでありながらもモダンなインテリアにマッチし、ファブリックやレザー張りのお求めやすい価格の「ドロップ」が誕生です。

shizuku

DROP by Arne Emil Jacobsen

環境意識の強い素材で作るnendoのemeco

スタルク、グルチチに引続き今年emecoが抜擢したデザイナーは佐藤オオキのnendo。座面に環境意識の強い素材を使ったスツール「SU」。虫食いの古いオーク材、得意のアルミニューム、再生可能なポリプロピレン、そしてなんとコンクリートのお尻型に刳り抜かれた座面。フレームはシンプルな角脚にX型の貫で同じ脚の意匠でテーブルも用意されている。

emeco01

SU by nendo

Aliasの新作は注目の若手デザイナー

AliasではEugeni QuitlletとPatrick Norguetによる新作チェアが登場。QuitlletのTABUは木材のフレームにアクリルガラスの背という二つの異なった素材を組み合わせたユニークな椅子です。NorguetのKAYAKは成形合板の椅子でオークのナチュラル色と染色があります。テーブルの新作AGOはAlfredo Häberliのデザインで木、ガラス、金属から出来ています。

TABU

TABU by Eugeni Quitllet

KAYA

KAYAK by Patrick Norguet

シチズンの魅力をインスタレーション

トリエンナーレのデザイン美術館では「Light is Time」と題してシチズンによる時計の基盤装置である地板を8万個使用した幻想的な空間インスタレーションが美しかった。「光」と「時」の関わりを探求し、未来への挑戦を続けるシチズンの魅力を表現する。シチズンの原点となった1920年代の懐中時計や最新モデルを同時に展示しデザインの魅力をPR。

CITIZUN02

Lights is Time by DGT

MARUNI COLLECTION JASPER & NAOTO

「時代に消費されず、定番として長く愛され続ける木工家具を造りたい」をコンセプトに今年も深澤直人、ジャスパー・モリソンによるマルニコレクションの新作をフィエラ会場でお披露目。今年はソファを発表。ふくやかで包み込まれるようなソファRounsish(深澤)と木のフレームとクッションというシンプルなスタイルのソファBruno(ジャスパー)。

rd_1401_3seatersofa_beech_S

Roundish by NAOTO FUKASAWA

4517-23-2357A01
Bruno by JASPER MORRISON

TOKYO IMAGINE Tokyo Designers Week in Milano 2014

トルトーナーで一際、注目を集めていたのが東京デザイナーズウィークのブース中でも風呂敷を有名なデザイナーがデザイン、Furoshiki Exhibition。日本食を題材にした伝統工芸の紹介。清川あさみによる和のメリーゴーランドが登場。オープニングのパーティーではお寿司や鰹節の出汁スープが振る舞われていました。

tokyo.png

続きを読む